ブロンドが最高な白人風俗嬢

破ることによって興奮した

オプションっていろんなものがあるじゃないですか。どのオプションにするのかによってもまた、その日の風俗は展開が変わると思うんですけど、その中でも風俗の良さを実感出来るなって思ったのがパンスト破りだったんです。AVでは割と良く見かけるものだと思うんですけど、現実では初めてやりました。そして、こんなに爽快感があるのかって思いました。普段破るようなものじゃないですよね。でも破る。しかも理屈とかじゃなく、力任せに破るんです。それが良かったんですよ。あれこれ考えてどこをどうしようとかって思って破っていたらきっとここまでの爽快感はなかったんじゃないのかなって思うんですよね。でも、何も考えずに、風俗嬢が履いているパンストを思いっきり破る。それによって、アドレナリンが一気に放出されたような気がするんですよ。ちょっとした興奮状態と言うか、パンストを破ったことによって自分の気持ちが高まっていって最高の時間になりました。

感覚は失われないものですね

半年振りの風俗でしたけど、その程度であればあまり感覚は鈍る程度ではないですね。なぜそれを実感したのかって、風俗で遊んだ時には必ず女の子に潮を吹いてもらうんです。それが自分の楽しみなんですよ。自分の腕で女の子が潮を吹くんです。「自分が潮を吹かせた」という自尊心が快感へと繋がっていくんですけど、半年振りでもしっかりと潮吹きに成功しました。だから半年のブランク程度では自分の腕前は衰えないものだなって(笑)もちろんその後はしっかりとこちらを気持ち良くさせてもらいましたが、潮吹きに成功して自分が満足感を得ている中では、それはそれでやっぱり楽しいなって。自尊心からの満足感。この黄金コースこそ風俗に於ける自分自身の満足感の表れというか、求めているものそのものでもありますので、理想通りの展開を楽しむことが出来たので何も文句はないんじゃないのかなって思いましたし、風俗はやっぱり相手を気持ち良くさせてこそだなって。