ブロンドが最高な白人風俗嬢

素の表情ってそそられますよね

風俗嬢と接していると、余裕のある表情や態度と言うのは、いわば「仕事モード」での表情じゃないですか。もちろんそれでも楽しいんですけど、それ以上にそそられるのがふとした時に見せてもらえる素の表情。これが堪らないなって思うんですよ。というのも、素の表情って、言ってみれば「風俗嬢」の表情じゃなくて一人の女の子としての表情じゃないですか。それが堪らなく可愛いなって思うのは男であれば自然のものなんじゃないかなって思うんですよね。だからこそ、ちょっとした時に見せてもらえる素の表情こそ、とてもありがたいものだしそそられるんですよ。自分自身、風俗ではその点を期待している部分があるんですよ。だから風俗では自分の中で、ただ単に快感だけを求めるものではなくて、女の子とのコミュニケーションというか、女の子の素の部分と触れ合うのもまた、魅力なんじゃないかなって思っています。これを感じられるようになると、いろいろな楽しさが出てくるものです。

時には燃える男になるんです

仕事での自分は、いわば自分のことを押し殺しています。組織の歯車として、自分の意志よりもとにかく組織の倫理。これを大切にしていますので、自分でも何が楽しいのかよく分からないって思うことは珍しくありません。でもいいんです。仕事でアイデンティティを発揮しようとは思っていません。自分は風俗で思う存分楽しい時間を過ごせればそれで十分かなって思っているんですよ。そもそも、風俗って自由なものです。自分自身がどういったスタンスで楽しむのかも自由なので、普段仕事では自分を押し殺していても、ここぞとばかりに調子に乗って楽しむのもありですよね。むしろ風俗以外でこれだけ男として燃えるようなシチュエーションそのものがないと思うので、風俗で遊ぶ時こそ本当の自分だろうって思いながら遊んでいるんですよ。その位の気持ちで遊んだ方が、自分も前向きと言うか、楽しい気持ちになるのでそちらの方が良いんじゃないのかなって気持ちになるんですよね。