ブロンドが最高な白人風俗嬢

気配り上手は床上手

昔は「話し上手は床上手」なんて言葉もありましたよね。話し上手と言うことは相手のことをしっかり見ているからベッドでも上手…みたいな(笑)これは風俗嬢にも言えるんじゃないのかなって思いますね。気配りが上手な子はベッドでも上手と言うか、原理は同じでお客のことをしっかりと見ているからこそ、何を求められているのかということをしっかりと理解しているってことなんじゃないのかなって思うんですよね。そこまで出来るというだけでも実際問題、かなり素晴らしいことなんじゃないのかなって思いますよね。だから風俗で遊ぶ時に心掛けているのは、相手がどれだけ気配りの出来る子なのかということです。ホームページを見ただけではなかなか分からない部分ではあるんですけど、お客のことをブログ等でもしっかりと書いてくれている風俗嬢は気配りが出来る子が多いんじゃないかなと言うのが自分の印象ですかね。その部分だけでも割と大きいというか、自分としては一つの尺度です。

油断大敵だったからこその満足

油断大敵というか、あれだけ美人な風俗嬢がやってくるとは正直な所思っていなかったんですよ。美人だろうなとの確信はありましたけど、まさかあれほどまでとは…というのが本音でしょうかね(笑)ホームページで見かけた際にも美人だと思ったというか、ホームページで美人だったからこそ期待を持って指名したんです。でも、実際の彼女はホームページに掲載されている画像よりも美人でしたね。だから完全に虚を突かれたんですよ(笑)プレイの際もあそこまで緊張するとは思いませんでした。美人だなって思えば思う程に緊張感が高まっていきましたけど、でも程よい緊張感が集中力を高めてくれたので、彼女との時間は満足感に包まれたかなって思っていますし、あの満足感を味わうことによってやっぱり風俗って最高だよなってことにも気付かされましたね。おかげで自分の中でやっぱり風俗ってそれだけでも楽しいというか、日常生活にはない楽しさが待っているなって。